オーガニックじゃなくても農薬の危険が少ないベター12


Deprecated: preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead in /home/yochan/juice.nyslowlife.com/wp-includes/formatting.php on line 75

「残留農薬ワースト12の野菜とフルーツ」に続いて、「ベター12」情報です。トロピカルフルーツがオーガニックじゃなくても比較的安全という結果ですね。

ここでトップの玉ネギは、残留農薬が検知された割合が0.2%、2種類以上の農薬が検知された割合0.0%、平均残留農薬量0.000ppm。対してワースト1位のりんごは残留農薬が検知された割合が92.1%、2種類以上の農薬が検知された割合78.9%、平均残留農薬量0.901ppmです。

  1. 玉ネギ 1
  2. アボカド 1
  3. 冷凍スイートコーン 2
  4. パイナップル 7
  5. マンゴー 9
  6. アスパラガス 11
  7. 冷凍グリーンピース 11
  8. キウィ 14
  9. バナナ 16
  10. キャベツ 17
  11. ブロッコリー 18
  12. パパイヤ 21
  1. ブルーベリー 24
  2. カリフラワー 27
  3. カボチャ 27
  4. スイカ 28
  5. スイートポテト 30
  6. トマト 30
  7. ハニーデューメロン 31
  8. カンタロープ 34
  9. マッシュルーム 37
  10. タンジェリン(みかん) 38

資料について
Environmental Working Group (www.ewg.orgによる『Shoppers Guide (foodnews.org) 』より。細かい数値については、「Test Results: Complete Data Set」に表があります。

順位、品目横の数値に関しては、農薬が検知された割合、2種類以上の農薬が検知された割合、農薬の種類発見数の平均、量の平均などの指標を総合的に評価して割り出したもの。テスト数は約43,000件、実施期間は2000〜2004年。普通皮を剥いて食べるだろうというものに関しては、皮を剥いて調べた結果となっています。

ワード