残留農薬が多い野菜と果物、ワースト12


Deprecated: preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead in /home/yochan/juice.nyslowlife.com/wp-includes/formatting.php on line 75

ジュース用に限らず、いつでもオーガニックとか有機JASの認定つきの野菜やフルーツを食べるのがベストではあるけど、生ジュースライフを始めると、一回の摂取量も、全体の摂取量も増えるし、皮付きのままジューサーにかけたりするから、使う素材そのものの安全性は益々重要な問題になってくる。

アメリカの非営利環境問題研究団体、エンバイロメンタル・ワーキング・グループ Environmental Working Group (www.ewg.org)によると、残留農薬の問題が深刻なワースト12を避けるだけで、野菜、フルーツからの農薬摂取は9割減少とのことなので、知っておいて損はない。

アメリカでのリサーチ結果ですが、日本はかなりな割合で輸入食物に頼っているし、農薬が多く使われる理由は、害虫がつきやすいとか、その農作物の特性でもあると思うので、参考になるのでは。

マーカー表示は、よく手作りジュースに使うものに私がつけました。

  1. 桃 100
  2. リンゴ 89
  3. ベルペッパー(パプリカ) 86
  4. セロリ 85
  5. ネクタリン 84
  6. イチゴ 82
  7. チェリー 75
  8. 洋梨 65
  9. 輸入ブドウ 65
  10. ホウレンソウ 60
  11. レタス 59
  12. ジャガイモ 58

つづいて、

  1. にんじん 57
  2. グリーンビーン(インゲンとか、サヤエンドウとか) 53
  3. ホットペッパー(チリペッパー) 53
  4. キュウリ 52
  5. ラズベリー 47
  6. プラム 45
  7. アメリカ国内産ブドウ 43
  8. オレンジ 42
  9. グレープフルーツ 40

Environmental Working Group (www.ewg.org)による『Shoppers Guide (foodnews.org) 』より。細かい数値については、「Test Results: Complete Data Set」に表がありますが、桃では96.6%、ネクタリンからは97.3%から農薬が検知されており、一方、ベター12の1位、玉ネギでは0.2%と、この開きはすごいです。ワースト12がどんだけワーストかってことですね。

順位、品目横の数値に関しては、農薬が検知された割合、2種類以上の農薬が検知された割合、農薬の種類発見数の平均、量の平均などの指標を総合的に評価して割り出したもの。テスト数は約43,000件、実施期間は2000〜2004年。普通皮を剥いて食べるだろうというものに関しては、皮を剥いて調べた結果となっています。

■関連記事「オーガニックじゃなくても農薬の危険が少ないベター12」

ワード